結婚指輪は生涯の物


2人の婚姻の証でもある結婚指輪は、長い時間を身につけて過ごす大切なアクセサリーです。結婚指輪の起源や結婚指輪にまつわる話などを知ることによってより愛着が湧き、大切な物に思えてくるでしょう。

結婚指輪結婚指輪の起源ははっきりとしたことはわかっていませんが、最も古い話には9世紀のローマ教皇、ニコラウス1世が妻に指輪を贈ったというエピソードがあります。これをきっかけに貴族の間で指輪を贈ることが結婚の象徴になると流行しはじめ、やがて一般化したと言われています。11世紀頃には結婚式で指輪の交換が行われるようになってきたと考えられており、指輪交換についての最も古い記録は1027年で、ミュールの『ローマの結婚話の起源』に記されています。この話には、花婿から花嫁には金の指輪を、花嫁から花婿へは鉄の指輪が渡されたと記されています。

なぜ結婚指輪を左手の薬指にはめるのか、その理由には古代ギリシャの思想が強く影響しているそうです。古代ギリシャでは、心臓と左手の薬指の血管がつながっていると考えられていました。そこで、左手の薬指に指輪をはめることが2人の心をつなぐという意味に発展したようです。また、左手は信頼を意味する手であり、その中でも愛情を意味する薬指に指輪をはめるようになったという考えもあります。

ロマンチックなエピソードも多い結婚指輪にまつわるお話でしたが、当サイトでは結婚指輪を選ぶ時に気になる価格の話や、後悔しない指輪の選び方についても紹介しています。これから結婚指輪を購入しようと考えている人は参考にしてみてください。